スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2010年05月31日

バラバラ・・。

おととい、どないしようもなく放っておいた物。



とりあえず、朝から熱収縮チューブを探し出して。復旧。

ついでに、ギアのシムの位置出しの為にピストンの無い状態でギア組込む直前です。

こうして見ると、マルイの純正パーツって・・・。

ピストンヘッドとタペットプレートぐらいじゃないのか!?

久々にリストでも書いておこう。

・メカボックス=JG製の8mmメカボ
・ピストン=ちょっぱやピストン
・ピストンヘッド=ポリカピストン
・スプリング=ちょっぱや用スプリング
・スプリングガイド=エレメント
・ノズル=φノズル
・ギア=海外製13:1ギア ハイスピードギア
・タペットプレート=マルイ純正
・シリンダー=ライラクス
・シリンダーヘッド=マルイ純正
・スイッチ=マルイ純正
・セレクタープレート=ライラクス
・配線=ランドアームズ2石FET付き
・モーター=ランドアームズ製ハイスピードモーター

う~んメカボックスの主要なパーツは社外品ばっかり・・。

・外装は!?

・フロント=オリンピックアームズのPMCタイプ
・フレーム=G&P製のメタルフレーム
・グリップ=エレメントのG27グリップ。
・ストック=マルイM4旧型純正ストック
・ハイダー=ノベスキータイプのハイダー
・Fサイト=ヴォルタータイプのフリップアップサイト
・Rサイト=SR16かSR25タイプのリアルなのサイト。
・チャンバー=システマ製メタルチャンバー
・その他=アンビマグキャッチ
    =スチール製ボルトキャッチ
    =ホタパパオリジナルトリガーピン
    =マガジングリップラバー

やはり、M4って最後にはこうなる運命なのねww

で・・余ったパーツでもう1丁できちゃうと・・。  


Posted by hotapapa  at 11:34Comments(2)カスタム

2010年05月31日

トリガーロックだけじゃなかった・・。

こないだのトリガーロックの件から数日・・。


再度、弾が出ない&トリガーが引けない症状が出た・・。

さらに、セレクタープレートを左からメカボックスの裏方向へ押すと作動するのだ・・。

で・・。原因を探っていくうちに、発見・・。

結果は、FETスイッチのトリガー用の細線とメインの配線を結んでいる配線の収縮チューブが剥けて、ちょうど、メカボックスのモーター穴の横の配線穴にショートしていたのだ・・。


どうりで、おかしい音ばっかり鳴るなとおもった・・。


そこで急きょはんだ付けと皮膜を復旧し。再度組込。

じゃっかんスイッチ部分がメカボックスに対してカタカタしてたので、超強力万能接着剤を養生して接着・・。

無事に、ハイサイクルに戻りました・・。

しかも、こないだ組み込んだ軽量強化版のカットオフレバーのおかげで指が軽くなりました・・。

13:1のウルトラハイスピードギアとハイスピードモーターには頑張ってもらわないとねww

あ・・。そう言えば、LMTタイプのクレーンストック・・。

最新版はリアルですね・・。

いくつか買っておいたけど・・。すぐになくなっちゃいました・・。

だれだ!?

持って行ったのは!!

最後の一個はヤフオクに出しました・・。

  


Posted by hotapapa  at 10:07Comments(0)カスタム

2010年05月29日

ハイサイクルの必需品。

セクターカットと、ピストンのギア加工。

ちょっぱやピストンと同じように加工したのが下のセット。



本当なら、ちょっぱやピストン用のスプリングと、セクタチップもセットにして出品したかったけど・・。

行きつけのお店にはスプリングが置いてないのよね・・。

まぁ、手元に100~110くらいのスプリングがあれば簡単にハイサイクルにする事は可能だと思う・・。


ちなみに、最近流行りの13:1のハイスピードギアも2つだけ入荷したので、近いうち出品予定です。

あ、あと、LCTタイプのクレーンストックも1個送りつけられましたww

これも、近いうちにミリブロで紹介してから出品しますんでお楽しみに。

で・・。先に書いたギアとピストンのセットについては
http://page18.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w51157320
です。

すぐ売り切れますが、またすぐに加工して出品しますww  

Posted by hotapapa  at 13:12Comments(0)カスタムパーツ

2010年05月28日

魔のトリガーロック・・。

こないだは少しいい感じで、35発/秒を叩きだしたんだけどね・・。

んで、若干鈍くなってたトリガーレスポンスの改善の為に、カットオフレバーのカスタムをしたのね・・。

そしたら、くみ上げて撃とうとしたら、うんともスンともいわない・・。

モーターの故障でもないし・・。

FETの故障でもない・。

結局は、スイッチの受け部分の樹脂部品がしっかりとはまってなかったかららしい・・。

マルイのスイッチの樹脂部分には突起があるのだが、JGのメカボックスにはその突起用の穴があいてなかったのだ・・。

そのせいで、スイッチのオス部分の上部がタペットプレートに干渉して更に、カットオフレバーが空振りしていたようだ・・。

この他にもメカボックスが急に動かなくなったり弾が出なくなったりと、カスタムに悪夢は付き物だが・・。

これも経験・・。
数々の経験を踏む事で、職人としての腕は上がっていくのです。  

Posted by hotapapa  at 11:57Comments(0)カスタム

プロフィール
hotapapa
hotapapa
オタパパのmasakiです。

サバゲ少々、エアガン弄りがメインです。

ホームページでエアガンの紹介をしたり、ヤフオクに出品したりしています。

よろしくお願いします。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人